FC2ブログ
ダイエットで順調に体重が減っていても、ある日突然に体重が減らなくなる経験をされた方は多いのではないでしょうか。この現象はダイエットの「停滞期」と呼ばれています。その原因は、生体(脳)に備わる「ホメオスタシス機能」のためです。

「停滞期」で体重の変化がなくなったのがきっかけとなり、ダイエットを途中で断念する人は少なくありません。そのため、停滞期を克服する方法として推奨されているのが「チートデイ」です。

そこで、「チートデイのメリット」についてご紹介します。


モチベーションの維持


ダイエットでは、適切なレベルで摂取カロリーを減らすことは必要ではないでしょうか。しかし、食べたい物を我慢してばかりいてはストレスが溜まり、ダイエットの途中で挫折するリスクが高いですね。それで、ぜひオススメしたいのが、「チートデイ」です。

チートデイ」とは、ダイエットの「停滞期」に設ける「週1日、好きなものを自由に食べてよい日」のことです。このような日が週1日あればダイエットのストレスも解消でき、また頑張る気持ちになってダイエットのモチベーションを維持することができそうですよね。

このように、チートデイは単に「ダイエット中のストレス発散日」と誤解されることが多いのですが、実際は「停滞期」を乗り切るための効果的な方法なのです。

しかし、チートデイの本来の目的と方法を正確に理解しておかないと、かえってダイエットに失敗することがあり要注意です。


 ▼ ダイエットの救世主! チートデイ(cheat day)とは


関連記事





ダイエットをしていると、ある日を境にしばらく体重が減らなくなることを経験された方も多いでしょう。これは、ダイエットの「停滞期」と呼ばれ、生体(脳)に備わる「ホメオスタシス機能」に原因があります。停滞期の期間は2週間~1か月程度と個人差があります。

停滞期」に入って体重に変化がみられなくなるのをきっかけに、ダイエットをあきらめる人も多くなります。そこで、停滞期を乗り越えるために推奨されているのが、週に1日、好きな物を自由に食べて良い日として、「チートデイ」を作るというテクニックです。

ここでは、「チートデイのメリット」の1つをご紹介します。


栄養バランスを整える


ダイエットで食事制限をすると、日常の食事からどうしても取り切れない必要な栄養素が出てくることがあります。そうした栄養素を補給するためにも、「チートデイ」は大切だと考えられています。

チートデイにはダイエットのストレス軽減の目的もありますから、基本的に好きな物を好きなだけ自由に食べて大丈夫です。しかし、日頃の食事で足りていない栄養素を考えて少し加えるのも大切ですね。「基礎代謝」を維持するのに必要なタンパク質はしっかり摂ってくださいね。

そして、チートデイだからこそ摂取すべき栄養素は「炭水化物(糖質)」だと言われています。その理由は、糖質の摂取量減少から脳が飢餓状態と判断して「ホメオスタシス機能」を発動するのを、炭水化物(糖質)を摂取することで脳をだまして、抑えることができるからです。停滞期だからこそ、炭水化物(糖質)をしっかり摂取することが大切ですね。

また、好きなものを自由に食べてよいとは言っても、やはりダイエット中でのチートデイです。脂肪になりやすい余分な栄養は避けたいものです。そこで避けるべきなのが「脂質」です。

チートデイには、高糖質低脂質の摂取を心掛けて、代謝機能や筋肉を作るタンパク質もしっかり摂ってください。何を食べればよいか迷ったら、炭水化物(糖質)タンパク質を多く摂るのが良いでしょう。


関連記事





ダイエットをしていると、ある日を境に急に体重が減らなくなってしまいますが、これがダイエットの「停滞期」です。その期間には個人差があり、2週間~1か月程度と言われています。停滞期の原因は、生体(脳)に備わる「ホメオスタシス機能」にあります。

それまで順調に体重が落ちていたのに、「停滞期」に入って体重が減らなくなると、モチベーションも下がってダイエットに挫折する人も多くなるでしょう。この「停滞期」を克服する効果的な方法と言われているのが、週に1日だけ何でも好きな物を自由に食べて良い「チートデイ」を設ける方法です。

こちらでは、「チートデイのメリット」の1つをご紹介します。


基礎代謝の維持


ダイエットで摂取カロリーを制限すると、脳は飢餓状態だと判断して、「ホメヲスタシス機能」を発動して基礎代謝を低下させ、少ない消費カロリーで生存できるように適応させます。これが、基礎代謝量が低下して体重が減らなくなる「停滞期」のメカニズムです。

このように、「停滞期」には基礎代謝が落ちやすいので、定期的に摂取カロリーを増やす「チートデイ」を設けて、「飢餓状態ではありませんよ」と脳を騙して基礎代謝が下がり過ぎることを防ぐ効果が期待されます。

しかし、ダイエットで摂取カロリーを制限することに慣れていると、チートデイで逆に高めのカロリー摂取を勧められてもすぐには納得できずに、過小なカロリー摂取にとどまって「チートデイ」のダイエット効果を上手く引き出せない可能性があります。

メリットの多いチートデイですが、正しい目的や利用法を理解して使わないと、十分なダイエット効果を得られずに、かえってダイエットに失敗してしまうこともあります。


関連記事





HOME